カードをショップにて使用する時にみなさん思ったことがあるのではと思うのだがスタッフが未熟なためにどちらのレシートをお客様へ対して渡したら良いのか迷うことがあります。不動産悪徳業者

クレカを機械に通すと、カード端末の方から3枚1組の明細が出てくるからでしてそれらのうちどちらをお客さんに対して渡すべきか迷いやすいというケースがあるのです。ウォーターサーバー お試し

複数枚の使用レシートの正体とは>上述の3枚の使用明細の説明は?ということについてまとめると下記の通り。40代からの仕事

1お客様に渡す用のレシート。足痩せ

2お店の控え明細レシート。

3カード会社保管用利用明細(記名を行う明細)。

本来であれば例外なく利用者側へ保管して頂く利用明細を渡されるのですが稀に、別の明細レシートをお客さんに対して間違えて渡す場合の他サインされた側の利用明細自体を渡してしまうといった事例さえも見受けられるのです。

これはバイトの人であったりそれほどクレジットカードというものが利用されることの少ない店舗などで会計する際クレジットカードを提示すると、そういった店舗スタッフの動揺が見られるでしょう。

万が一従業員が間違ったレシートというものを渡そうとした時には、冷静に「これじゃありませんよ」と一言直してあげてください。

Copyright © 2002 www.bestirred.org All Rights Reserved.