この任意保険とは強制保険である自賠責保険とは違い、自賠責保険だけではカバーできない補償を受ける必須ともいえる保険といえます。

これは任意保険。

自賠責保険の上級保険として機能しますので自動車損害賠償責任保険の支払い能力を上回ったときに働きます。

また自賠責保険には物的損害については補償を受けることができないので、そこまで補うためには任意保険に入ることをお勧めします。

既に任意保険を支払い済みの愛車を廃車にする際は、国産メーカーの車とかイタリア車などことは例外なく、残存金額が戻ってきます。

日本の自動車の売却の際も同じことが言えます。

自動車損害賠償責任保険は通常加入したままでいるのが通例ですが任意保険というものは全ての人がかけるものではありませんから中途解約ということになります。

また契約解除をすれば、現段階で 納めている残っているお金が返ってくるということになります。

車の取引が成立したとしても即任意保険の契約を中途解約するのはリスキーです。

当たり前ですが、早く中途解約するとそれだけ還付される金額は増えますが車買取のお店が遠方にあり、自分で運んで行くということになったケースでは任意保険なしで運転をするはめになります。

万が一のリスクに備えて絶対に今後自ら車の運転をしないという状況にする時まで契約のキャンセルをしないようにしなければなりません。

車を買い取ってもらって、またすぐに新しい車を買うのならば構わないと思いますが、もししばらく車の運転をしないような状況が継続して任意保険に加入している必要がなくなってしまったらこのように任意保険未加入の期間がある場合以前入っていた時の保険の等級が下がり、保険料の額が増額されます。

こういった状況であれば「中断証明書」という書類を提示してもらうようにする必要があります。

この「中断証明書」で、最長で10年は中断前の任意保険の等級を引き継ぐことができるのです。

それから13ヶ月以内であれば発行することができるのですでに自動車を売却していて、「中断証明書」というものを発行されてもらっていないのならば、その保険会社や代理店にその旨を伝えるようにしましょう。

もしも自分が新たにクルマを購入することになって買ったのちに以前乗っていた自動車を廃車に出すのであれば任意保険の契約はどちらか一方のみです。

保険の変更という処理になりますから運転する必要があるクルマの場合は売却まで注意しましょう。

それから任意保険という保険は自動車の種類によって額が大きく変化してくるので、愛車買い取りの際は任意保険を振り返るチャンスといえます。

Copyright © 2002 www.bestirred.org All Rights Reserved.