FX(外国為替証拠金取引)のパターンには取引所取引という取引がございます。76-7-52

FX会社と売り買いをする行為を「店頭取引」と呼ぶのですが、この事は取引所を通行させないで取引の相手は外為取引(FX)企業になります。76-18-52

「取引所取引」という所は外国為替証拠金取引(FX)会社は橋渡しあるのでストレートの商売目標は取引所との事になっています。76-15-52

この違いをここでいくらか比べてみましょう。76-4-52

まず「店頭取引」の場合は託してあるお金はFX(外国為替証拠金取引)企業に管制されているのです。76-5-52

他方「取引所取引」のケース、その証拠金は総額取引所に預金しなければいけないと義務になっています。76-10-52

そうすることによりFX企業がパンクするというようなことが例えあっても、後者は、取引所によってお金は全ての額擁護されているということになります。76-11-52

前者の場合は外為企業が管制しているので、場面により会社パンクのしわ寄せをに襲われて寄託していた資金は防守されないかもしれません。76-17-52

加えて税金面でも両者については条項に差異が見受けられます。76-6-52

「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ金利などを雑所得として賃金と合算して申請しなければなりません。76-20-52

しかし確定申告しなくても大丈夫なおりもあるとの事ですので、自分に相応するか当てはまらないかよく検証してください。

もしも貴方が労働者でサラリー二千万円以下、給与の所得以外の収益が20万円以下(複数の企業から賃金所得はないこと)といった取り決めを守っているなら特別という事で確定申告は不要で大丈夫です。

FXのもうけが20万円以上の時は確定申告するようにして下さい。

税の割合は稼ぎに即して5パーセントから40パーセントの6つの段階に組み分けされていて、収益が高いのであればタックスも上がってしまいます。

「取引所取引」に関しては、もうけがあるのであればそれ以外の稼ぎとは別で考え「申告分離課税」の対象となります。

税率はすべて20%となるのですが仮に損害が決定したという事ならば「取引所取引」の有益として損金分を翌年以降に先延ばしが可能です。

上記から読んでも、「取引所取引」の方がより低い税になるケースも大いにあるので照らし合わせて見ていった方が良いと考えます。

不慣れな者の場合、株価の上がり下がりや円の状況に日々行き届き、黒字やマイナス分に興奮する事によって、税金においての事態を忘れがちになることもありがちです。

欠損分は困ります。

でも、稼ぎが増えれば税金に関しても多くなるので目を向けるのと理解が重要な点ですね。

Copyright © 2002 www.bestirred.org All Rights Reserved.
76-13-52 76-9-52 76-2-52 76-3-52 76-16-52